コンテンツ1

慰謝料とは

慰謝料とは、不法行為によって、被害者に生じた精神的損害を賠償するもの、と説明されます。
不法行為によって、被害者は精神的苦痛を受けます。例えば、交通事故にあった場合、被害者の方は、肉体的な痛みだけでなく、精神的に苦しい思いをします。それを、金銭的に賠償するのが慰謝料です。

精神的苦痛は、目に見えず、明確な算定が困難なものです。しかし、実務においては一定の「基準」や「相場」が形成されることがあります。例えば、交通事故分野では、慰謝料について残存した後遺障害の程度や、入通院期間に基づき算定されるなど、一定の基準や相場が形成されています。また、不貞慰謝料の分野でも、被害者の心情で、金額が算定されるのではなく、不貞関係の期間やその内容などや、不貞関係によって生じた結果(離婚に至ったのか等)を踏まえて、客観的に算定される傾向があります。