費用のご案内

費用のご案内

各サポートプランと弁護士費用の目安等のご案内

(1)相談料は、30分あたり5000円です。
ただし、離婚協議書や調停申立書の作成、離婚協議、調停、訴訟の代理人としての活動を依頼する場合には、相談料を着手金に充当致します。
また、Aプラン、Bプランによる事件着手後は、相談料は発生致しません。

(2)各サポートプランと弁護士報酬の目安等

A.離婚協議代理、調停申立代理、裁判離婚代理、男女問題解決代理プラン

A1.離婚協議代理、調停申立代理、裁判離婚代理プラン
鹿児島シティ法律事務所の弁護士が、皆様の代理人として、相手方との間で、協議離婚、調停離婚、訴訟提起による裁判離婚の成立に向けて活動します。

(3)全て消費税を除外した金額を記載しております。

各サポートプランと弁護士報酬 協議離婚代理 調停離婚代理 裁判離婚代理 備考
着手金 20万円~40万円 30万円~50万円  
報酬金 20万円+協議離婚によって認められた若しくは支払わないで済んだ財産給付の金額の10%。 30万円+調停離婚により認められた若しくは支払わないで済んだ財産給付の金額の15%。 30万円+裁判離婚により認められた又は支払わないで済んだ財産給付の金額の20%。 事件が終了した時に頂く費用です。
印紙代、切手代など 実費 実費 実費 -

A2.男女問題解決代理プラン

不貞行為(浮気)による損害賠償請求における示談協議、調停、訴訟による解決についても、皆様の代理人として、相手方との間で活動します。

各サポートプランと弁護士報酬 示談協議代理 調停代理 訴訟代理 備考
着手金 20万円~30万円 30万円~40万円  
報酬金 20万円+示談協議によって認められた若しくは支払わないで済んだ財産給付の金額の10%(+特別報酬金5%※)。 20万円+調停により認められた若しくは支払わないで済んだ財産給付の金額の15%(+特別報酬金5%※)。 30万円+判決により認められた又は支払わないで済んだ財産給付の金額の20%。 事件が終了した時に頂く費用です。
※損害賠償請求を受けた場合で、示談又は調停の成立により、(1)婚姻関係を維持した、又は(2)損害賠償請求により顕在化した退職、辞職、降格、解雇、懲戒処分、役員等の解職、解任若しくは辞任等を免れることができた場合に頂く費用です。
印紙代、切手代など 実費 実費 実費 -

B.書類作成サポート

相手方との協議、調停はご自分で行い、離婚協議書、調停申立書、男女問題解決のための示談書の作成だけを鹿児島シティ法律事務所の弁護士に依頼することができます。
また、書類作成に加え、相手方への通知書作成、協議離婚や調停離婚成立、男女問題の解決に向けての助言(基本的には、面談によるものとします。)を受けたい方のためのプランもご用意しております。

各サポートプランと弁護士報酬 書類作成サポート 書類作成+通知書作成、離婚成立、男女問題解決に向けた助言サポート 備考
着手金 10万円 10万円 弁護士を代理人とし、Aプランに移行したときには、Aプランとの差額のお支払となります。
報酬金 発生しません。 10万円 弁護士を代理人とし、Aプランに移行したときには、Aプランによる報酬金のお支払となります。
印紙代、切手代など 実費 実費 -
アクセス 弁護士法人萩原 鹿児島シティ法律事務所 お気軽にお問い合わせください。